KC’sは消費者被害の回復ができる特定適格消費者団体をめざします。
美術通信教育講座を運営する(株)講談社フェーマススクールズより質問書に対する回答を受領し、10月27日に同回答書に対するKC’sの見解を同社に送付しました。
2010.11.04(No.10000136)
 美術通信教育講座を運営する(株)講談社フェーマススクールズより、質問書に対する回答書を10月5日に受領し、同回答書に対するKC’sの見解を10月27日付で同社に送付しました。

<講談社フェーマススクールズ「回答書」でのKC’sに対する要求について>
・同社の要求
 ホームページ(訂正前)記載内容が、同社に対する名誉、信用侵害を構成する不法行為であったことについての謝罪文をホームページに掲載すること。
・KC'sの見解
 当団体は、同社に対して不法行為を行ったとは考えておりません。従いまして、同社のご要求には応じかねます。なお、その他の回答内容については、現在検討中です。