KC’sは消費者被害の回復ができる特定適格消費者団体をめざします。
「おまとめローン」を取り扱う金融機関の監督官庁である金融庁及び業界団体である全国銀行協会に対し、業界全体の改善を求める要請書を9月2日に送付しました。
2008.09.05(No.10000216)
「おまとめローン」を取り扱う金融機関の監督官庁である金融庁及び業界団体である全国銀行協会に対し、 業界全体の統一的かつ速やかな改善を求める要請書を9月2日に送付しました。

【要請事項】
1. おまとめローンを行う金融機関に対し、消費者があたかも利息制限法に反するグレーゾーン金利を支払わねばならないかのような誤解を与える不適切な広告内容を掲載しないように要請すること。誤解を与える広告内容がある場合に、これを是正する措置をとること。
2. おまとめローンを行う金融機関に対し、消費者金融、及び信販会社からの借入れについては,利息制限法所定の利率に基づいて再計算することによって債務を減額することも可能であり、おまとめローンを利用しなくとも、多重債務から開放される機会があることを十分に説明し、その機会を確保することに努めるよう求めること。
3. おまとめローンを行う金融機関に対し、債務者本人やその親族等の居住用不動産を担保としたり、保証人を徴求したりしないよう求めること。

・2008年9月2日付「要請書」全文は、こちら

関連記事:10000007, 10000010, 10000023, 10000402