KC’sは消費者被害の回復ができる特定適格消費者団体をめざします。
鉄道等の定期券中途解約のルールについての考え方と取組み
2013.05.23(No.10000374)
 消費者支援機構関西(以下KC’s)では、2008年7月22日に消費者被害情報として、大阪府在住の消費者からの情報提供メールを受け取ってから、表記の件について検討をしてきました。
 2012年9月25日より関西の鉄道事業者各社は、定期券の買い間違いなどで解約する際に返金を受け付ける期間について、それまでの開始日から3日間であったものを、7日間まで延長しました。
ここでその経過を明らかにし、改めてKC’sの考え方を公表するものです。
関連記事:10000118, 10000342, 10000300, 10000301