KC’sは消費者被害の回復ができる特定適格消費者団体をめざします。
「商品先物取引についての不招請勧誘禁止撤廃に反対する意見書」を関係機関に提出しました。
2013.10.09(No.10000402)
複雑な取引で高額の消費者被害が発生するおそれが高い商品先物取引について、「不招請勧誘規制を撤廃すれば、再び甚大かつ深刻な消費者被害を発生させることにつながる可能性がある。」としてKC’sは「商品先物取引についての不招請勧誘禁止撤廃に反対する意見書」を、10月8日付で、金融庁、消費者庁、消費者委員会、経済産業省、農林水産省、消費者担当大臣に提出しました。
関連記事:10000216