KC’sは消費者被害の回復ができる特定適格消費者団体をめざします。
コインパーキングを運営するパラカ(株)の精算後バック時の取り扱い等に関する検討及び意見交換の結果の公表
2016.09.29(No.10000635)
 当団体は、コインパーキングを運営するパラカ (株)のコイン駐車場(ゲート式)で「精算後、領収書を取ろうと思い 、車をバックさせたところ 、突然ゲートバーが下った。コールセンタへ連絡すると3万円を払うように言われ 、支払って車を出したが 、納得いかない」との情報が寄せられ、 同社の駐車場利用規約等の内容について検討したところ、消費者契法に照らして疑問があったことから、2015年8月26日付で「お問い合わせ」を送付しました。
 その後、同社との意見交換を経て、最終的に2016年7月5日、上記「お問い合わせ」に関する問題につき一定の改善が図られました。
 以上から、当団体は2016年9月をもって、同社に対する「お問い合わせ」活動を一旦終了することにしました。

 以下に概要を記載します。

<改善内容>
(1)ゲート式駐車場で精算後バックした際などで、バーが閉まってしまった場合、券紛失料金での退場
 とみなされ、これまで3万円(駐車場によっては金額が異なる場合がある。)を支払わないと車が出せ
 ない取扱いについて
                      

①警備員が現場駐車場に臨場し、不正でないことを確認した場合は、追加金の支払いなく車を出すことが
 できる。
②警備員による確認を待てない場合は、連絡先等を伝えた上、いったん1万円を支払って車を出し、後日
 返金
対応を行う(ただし、千円程度の実質手数料は差し引かれる)。

との取扱いに変更する。

※当該取扱いは、同社が運営するコインパーキングにおいて、精算後バックを2回以上行った場合でも、
 不正利用でない限り、①②は同様とする。

(2)精算後バックにより車が出せなくなった場合の取扱いについて
 消費者にわかりやすいよう表示方法を改善し、かつ、感知システムの改善などにも前向きに取り組
 むとの回答を得られた。

<経過>

(1)お問い合わせ
 ・2015年8月26日付「お問い合わせ」(別紙PDF)
(2)協議及び回答
 ・2015年9月29日付「回答書」を同社より受領しました。回答内容について詳しく伺うため、2015年
  11月24日に当団体事務所での協議を行いました。協議に基づき2015年12月11日付「報告書」を同社
  より受領しました。
(3)再お問い合わせ
 ・2016年1月27日付「再お問い合わせ」(別紙PDF)
(4)協議及び回答
 ・2016年2月19日付「(再お問い合わせ内容に対する)質問書」を同社より受領しました。それに対し
  2016年3月24日付「(質問書に対する)回答書」を送付しました。同社より2016年4月18日付「回
  答書」を受領しました。その後、2016年6月28日に協議を行い、2016年7月5日に改善についての最
  終的な連絡をいただきました。
(5)終了についての「ご連絡」
 ・当団体は、同社に対して、2016年8月24日付「ご連絡(お問い合わせ活動終了通知)」を送付しまし
  た。(別紙PDF)
(6)2016年9月28日
 ・当団体と同社は、本公表文書を双方で確認しました。