KC’sは消費者被害の回復ができる特定適格消費者団体をめざします。
団体生命保険特約料の中途解約条項について申入れを行った住宅金融支援機構より10月19日付で受領した回答書について、同機構の担当者と協議を行いました。
2010.11.04(No.10000137)
 10月28日、団体生命保険特約料の中途解約条項について申入れを行った住宅金融支援機構より10月19日付で受領した回答書について、同機構の担当者と協議を行いました。
 当団体では、回答内容について引き続き検討をすすめています。

<申入れ内容と回答の要旨>
◎申入れ要旨
・ 団体信用生命保険加入者が、住宅ローンを繰り上げ返済した場合または脱退した場合であっても年払い方式で支払う特約料について一切返済しないとしている条項を、加入者の繰上返済・脱退時を基準に特約料を月割計算に基づいて返還する旨の条項に改めること。
◎回答要旨
・ 社会経済環境の変化もあり、消費者からの年払い特約料精算についての要望も高まってきているので、特約料を含め機構団信制度の見直しを行い精算する制度に変更できないかと、関係先との協議・調整を行うなど検討を開始している。制度改定の時期、内容等については、成案の決定後改めて連絡する-との内容。